銀行は総量規制外って本当?そもそも総量規制って?

総量規制という言葉をみなさんは聞いたことがありますか?
もしかしたら知らない人もいるかもしれませんね。
簡単に言うと自分の年収の3分の1以上は借金しちゃいけませんということなのです。
その規制を課されている業者は、借入しようとする人が他でいくら借入してるのかを調べます。
そして、今借入を希望してる金額を合わせて、年収の3分の1を超えるようであれば利用をお断りします。
じゃあ、住宅ローンなんか何千万の借金だけどどうなってるの?って思いますよね?
実は、総量規制を課されているのは消費者金融と、クレジットカードのキャッシングだけなのです。
なので、総量規制外である銀行から借りるお金については制限がないのです。
比較すると、消費者金融は敷居が低く、学生や専業主婦でも割と簡単に借りることが出来ます。
でも、そんなことを繰り返すうちに何百万もの借金が出来ていたという話も聞きます。
金利も高いため、複数の業者から借りてしまうと返す時が大変なのです。
しまいには自転車操業になり、それすらも出来なくなってしまいます。
しかし銀行では、しっかりと返済能力があると認められた人間にしか貸付をしません。
敷居は高いけれど、金利も安く、多額の融資が可能なのです。
このように、消費者金融と銀行(銀行系カードローンも含む)では相反する特徴を持っているのです。
ですから、借入を考えるときは、双方のメリットデメリットを把握することが大切です。